SoundStorm 茜音雑記♪ - 改装中 -

茜音雑記はこちら β 版公開中
お知らせ♪
#
2018/12/16 17:50
ただいま改装しています。ご不便おかけいたします。
2018/11/18 20:55

煙も目にしみなかった雪山の恋

 

スキーが好き(あっ…)な2人が雪山で出会い、恋に落ち、やがて結婚。

そんなドラマのような夫婦が、身近にいます。義兄と義姉です。

住み込みのリゾートバイトが、きっかけだったそう。

スキー場にいるレスキューと、インストラクターのカップルです。

 

ちなみに、バイトを始める前の義姉のスキーの腕前はというと、

子供の頃から冬になると、家族で何度かスキーへ行き、高校生からは週末に深夜バスでスキーへ。その後、銀行に就職するもののわずか半年で退職。その時にたまたま見つけたリゾートバイトに応募したら通った、というもので、決して特別な訓練を受けていたとか、親がスキーヤーだとか、スキーに特化した環境で育ったわけではなかったようです。

人生で2回しかスキーをやったことがない私からすると、純粋にすごいなーって思うのですが、学生時代は週末スキーばっか行ってたという話も度々聞きますので、珍しいことではないんでしょうね。

義姉は、最初からインストラクターだったわけではありません。最初は売店で売り子さんをやったり、お客様のご案内をされていたそうです。義兄によると、スキー場に来た頃は「(嫁は)最初下手だったけどすごく上達した」とのことでした。スキーが出来る環境と向上心、あと彼氏の支え(?)のおかげでインストラクターになれたのでしょう。やっぱすごいな。

余談ですが、義姉はA 級ライセンスも持ってます。アクティブだわ。

 

新婚旅行はスイス。スキーで山を降りる際に、両手いっぱいにお土産の荷物を抱えて滑ってきたそうです。自転車の手放し走行のイメージでしょうか。

交通手段が終わってしまったのか、次の便がくるまでめっちゃ時間があるからなのか、理由は忘れましたが、だったらもうスキーで降りてしまえ~というお話だったと思います。

スキーが生業であった彼らにとっては、何でもないことなんでしょうね。(危険運転?とかで怒られたりしないんですかね)

とっても素敵なご夫婦なのです。

 

ところで、はたらくどっとコムさんの広告バナーが攻めてます。

お、おう・・


えぇ・・



そうなんっ!?

たしかに考えてみればそうかも。もう11月も半ば過ぎですもんね。

興味があった方は、お早めに。

 

いずれインストラクターになって、レスキューの彼氏と結婚出来るかもしれません。

ただし、その彼氏は将来ハゲますが(笑)

 

雑記 スキー