自作グライダーが飛んだらしいですよ。

このグライダーは2作目になるのかな。
1作目は小さすぎて飛ばなかったらしい。

ちょっと前に、隣町で「グライダー全国大会(?)」なるものがあり、
夫はそれを見学に行って、色々と先駆者の作品を見てきたそうです。
それらを教訓に、サイズを大きくしたのでしょう。

グライダーっていうと、ハングライダーしか分からないのですが、
エンジンとか電気の力を使って飛ばす物ではなく、
風の恵みで飛ばすもの・・かしら。

そりゃあ難しそうだ。
ふつーのラジコンを操縦出来ないと、素人目には厳しそうに見えます。

空高く、見えなくなるほど上がったそうですよ。

モクモクした白煙も出ない、プロペラもない、
グライダーは環境にやさしいですね。

風に乗り、優雅に舞うグライダー。
その姿は鳥のよう。

いつかラーミアを!!!(ロプロスでもいいよw)