[本日のネタ]
先生:チチチチチチッ、ってやるんだよ。
↑アレですね!


家の裏にある小学校の運動会が本番目前です。
そして、すさまじい「音」です。(T_T)
特に、大だいこがすごいことに・・。←応援合戦だと思います

しかしこれは、ピアノのフタを開けて弾けるチャンスかもですな。
(プラス思考)


先生:発表会の案内の紙、渡しましたっけ?

私:いただきました

先生:全員合奏の曲(楽譜)、渡しましたっけ?

私:いただきました


あと何回か、このシチュエーションに出会うかもですね。


カイザー15番。
B dur、装飾音符とスタッカート+スラーの課題で、
新技も登場です。

一弓のアップボウで、前半スタッカート+後半スラーのフレーズ。
(以下、“新技”と書きます)
これが、とっても大変。

先生のピアノのメロディーに合わせて弾いていると、
5小節目で、ピアノとバイオリンが半音ずれてしまいました。

じっちゃん、そこEs(ミのフラット)!!
E(ミ)じゃないのよーーー。(T_T)

先生:あれぇ?僕が間違えちゃったね。ごめんごめん。

フラットレス現象、再び。ヽ(`Д´)ノ


新技について質問をしました。
「一弓で弾く箇所がここにあるけれど、これは弓を戻すような弾き方はしてはいけないのか」と。
分かり辛くてすみません。

先生:そうだね。ここは、ちびちびと弓を動かして、段々弓を上げていきましょう。

と、お手本を見せて頂きました(嬉)。

そうそう、私は未だに、始めた頃よりはマシにはなったものの、
弓の先まで届きません。届くように、なるといいな・・。


先生:こういうのって、チゴイネルワイゼンでも出て来るんだよなあ。

へー。


先生:チゴイネルワイゼンは、チチチチチチッってやるんだよ。

何を言わんとするかは、とてもよく分かりました。


先生:一弓の所を重点的に練習してきてね。あ、来週はお休みですから。

は~い、おじい様っ☆


教本は、鈴木教本5巻"2つのバイオリンの為の協奏曲第1楽章(バッハ)"の第1バイオリンです。

先生:この曲って、むっずかしいよね。

私:難しいです。

先生:僕、楽譜がよく見えなくってさ。見える所は見えるんだけどね。


やはり、拡大コピーした方がよかったのでしょうか。

最初、合奏で通しました。


先生:最後、終わる所は僕が合わせますので、合図だしてくださいね。

アレですね。ザッツ(That's) 合図!(トリプルミーニング)
↑おお、我ながらいいネタだ


先生:じゃっ、僕が下手な所から、もう一度やってみましょう。

なんちゅう自虐的な・・(^^;

今回はメトロノームをカバンに潜ませてくぜ!の予定を、
直前までは覚えていたのですが、
練習に熱中してしまい、家を出る時間をいつもよりオーバーした所、
すっかり、メトロノームの存在を忘れてしまっていました。


先生:(僕は)段々(テンポが)遅くなっちゃうんだよなあ・・

私は、走ってしまうんだよなあ・・。


先生:じゃっ、次回からは何かのリズムに合わせてやっていきましょう。

メトロノームの事ですよね。
これで心おきなく、持参できます。よかったよかった。