昨日、自作グライダーが落ちたらしいですよ。

このグライダーは2作目+マイナーチェンジになるのかな。
旧2作目は後ろの羽が壊れたらしい。
2投目で失敗。地面に突き刺さったそうです。ナム。

グライダーを投げるシミュレータってないですねぇ。(^^;

今の時代、ラジコン業界にもIT化の風が吹き込み、
特に若い人などは「シミュレータ」なるソフトで、イメージトレーニングが出来るそうです。
それがまた、よく出来ているそうですよ。(優秀なソフト)

「なんだそんなの甘っちょろい、墜落して、痛い思いをして成長していくのだ。」、もしくは「パソコンが分からないから、レッツ実戦」といったお父さんは、シミュレータを体験されていないかもですね。
私の義父(夫の父)も、最初はシミュレータを敬遠する旨がありました。

私思うんですけど、イメージトレーニングってめちゃくちゃ大事ですよ。

音楽の半分はイメージで出来ている、と言うと乱暴な言い方ですが、
音楽に限らず、クリエイティブな物って、イメージする事が大切だと思うんです。

ラジコンもクリエイティブだと思います。
だって、空にコースはない。常に違う風が吹いている。
昨日と全く同じ飛びって、2度と出来ないんじゃ・・。

バイオリンを制作する職人さんは、楽器を見て、その楽器の音が分かるそうです。ラジコン人も、その機体を見ると飛びが分かるんですかね。

» Read More





自作グライダーが飛んだらしいですよ。

このグライダーは2作目になるのかな。
1作目は小さすぎて飛ばなかったらしい。

ちょっと前に、隣町で「グライダー全国大会(?)」なるものがあり、
夫はそれを見学に行って、色々と先駆者の作品を見てきたそうです。
それらを教訓に、サイズを大きくしたのでしょう。

グライダーっていうと、ハングライダーしか分からないのですが、
エンジンとか電気の力を使って飛ばす物ではなく、
風の恵みで飛ばすもの・・かしら。

そりゃあ難しそうだ。
ふつーのラジコンを操縦出来ないと、素人目には厳しそうに見えます。

空高く、見えなくなるほど上がったそうですよ。

モクモクした白煙も出ない、プロペラもない、
グライダーは環境にやさしいですね。

風に乗り、優雅に舞うグライダー。
その姿は鳥のよう。

いつかラーミアを!!!(ロプロスでもいいよw)